女性の薄毛について

薄毛をきにする女性

 

女性の薄毛は、男性の薄毛とは原因が違います。            

 

女性は、男性ホルモンが20分の1程度しかありません。 

女性ホルモン、エストロゲンには、髪の成長期間を長くする作用や髪の成長を促す作用があります。     

 

ですから、男性のように髪の毛がなくなることは本来ありません。

しかし、近年薄毛に悩む女性も多くなりましたので原因と対策を勉強しましょう!

 

                        

原因①:ストレス            

頭皮の血行不良は、ストレスが原因の一部と言われています。

血行が悪いと、頭皮に充分な栄養が行き届かないので薄毛の直接的原因になります。

 

 

原因②:生活習慣の乱れ            

偏った食生活や慢性的な睡眠不足を繰り返していると、身体に必要なエネルギーが足りなくなります。

その結果髪の毛に必要な栄養が不足し薄毛になっていきます。            

 

 

原因③:頭皮のダメージ            

頭皮のダメージが蓄積されると、健康な髪を成長させることができなくなります 。           

引っ張りすぎると抜け毛の原因になります。また、頭皮に湿疹ができたりフケが出る方は、頭皮にダメージが蓄積されています。            

 

 

原因④:女性ホルモンの乱れ            

女性ホルモンであるエストロゲンは、髪の毛の成長に深く関わっています。            

更年期によるエストロゲンの分泌量が減ることで、髪の毛を育てる働きが弱くなり髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えるのです 。

また過度なストレス、妊娠や産後にも、女性ホルモンが乱れ、薄毛の症状が出ることがあります。

 

 

女性ホルモンの乱れ

 

 

原因⑤:頭皮の血行不良

ホルモンバランスの乱れは自律神経に影響し血行不良が起こりやすくなります。            

髪の毛に必要な栄養は血液によって運ばれます。  そのため、頭皮の血行が悪くなることで、薄毛が起こりやすくなります。            

 

 

日常からできる薄毛対策は

まずは生活習慣を見直し、自律神経を整えましょう!

1日3食栄養バランスの良い食事を心がけ、適度な運動によるストレス発散。

7~8時間の質のよい睡眠など、日常の生活リズムを整えましょう。

 

不規則な生活は、ストレスや睡眠不足の原因になり、女性ホルモンの乱れにも繋がり、抜け毛や薄毛が起こりやすくなります。

生活リズムを整えることが、健康な髪を保つ一番の近道です!

 

 

stylist / CUT・S 東尾道店 梅本 直弥

 

もっとhairの記事を見る >>
topへ