白髪染めはいつから?

白髪が気になる

 

加齢による白髪染めは早い人で30代から・・正しい知識を持って、グレイカラーを楽しみましょう!

 

①白髪染めとは・・・

”白髪染め”は簡単に言えば白い毛も染まるのでかなり濃い染料が使われているカラー剤です。

 

黒い髪を明るくすることには優れていません。しかし、最近ではサロンカラーにおいてはそこそこ明るくなる白髪染めも出てきました。

 

白い髪に色を入れる行為は通常のカラーよりも傷む可能性があります。

 

また市販のカラー剤は思ったより黒くなるといった失敗の声を多くいただきますので、もしも使用する際はとても注意が必要です。

 

 


②白髪染めはいつから?

白髪が見つかった時点で白髪染めをする必要があるかどうか美容師と相談することをオススメします。

 

しかし基本的に白髪というのは、若い世代においては老けた印象になりやすく気分が上がることは少ないです。

 

日々の生活において、また美容においてモチベーションは、とても重要になると思いますので、気になるようでしたら白髪染めをオススメします。

 

 

また白髪が何割あるかで、白髪染めの施術方法に種類があります。ここでいくつかご紹介します。

 

 

③染め方は・・・?

1:部分的にかたまって白髪があり目立つ場合

⇒部分的にある場合は、その部分だけ白髪染めをすることが可能ですので、薬剤の塗り分けをオススメします。

 

2:まばらに白髪が少しある場合

⇒いつもカラーをされている方は、カラー剤の白髪染めを少し配合することをオススメします。明度によって染まり具合は異なりますがキレイに染まります。

 

3:生え際に多く白髪がある場合

⇒白髪が多くある根元は白髪染めを使用することをおすすめします。それ以外は通常のカラー剤で大丈夫です。

 

白髪染めには隠す・ぼかす・彩るといった効果があります。

白髪の生え始めの方は、主に隠す・かぼかすかの染め方がいいと思います。

このレベルになると、美容師の技術でないと難しいですので美容師と相談しながらの白髪染めをオススメします。

 

 

白髪染め

 

④市販の白髪染めには注意が必要

市販のカラー剤は強い薬剤を多く使用しているため髪のダメージが強くなります。

 

ダメージが強くなると最初は染まっていたのに回数を重ねていくと染まらなくなったり、ムラになったりなどの現象がおきてきます。

 

多く使用することで髪の乾燥、チリつき、まとまりの悪さなどが起こりますので注意が必要です。

 

 

stylist & vido director / 佐藤 文明

もっとhairの記事を見る >>
topへ